クズを売るために

クズとしてどうにか生きていきたい。

愛って悲しいね

今日はブログ書くつもりで書かない。

相変わらずやる気がないどうでもいい雑記、散文。

 

思えばぼくは小学校の頃から「どうでも良い」と言う考えで生きていたのだなぁと。

当時は特に自然に見えるものとか聞こえるものとか深く考えてなかった見たい。

だってド田舎でタワレコがないってのが理由で修学旅行、タワレコ行ってミドリのCD大量に買ってその後何も出来ないくらいに、その掛け替えのない時間を使う人間だったんだもん。

 

このブログは毎回ぼくのノスタルジアな部分に触れて書いてる気がするけど何でだろうね。

郷愁主義者なんだろうか。

 

昨日かな一昨日かなそのまた前の日かな?

仕事帰りに何時ものように同じ道を何時ものように自転車で帰る。ただ、いつもと違ったのはただT字路の真ん中で偶々“右”を見ただけ。

そしたら綺麗なオレンジ、黄色の落ち葉がたくさん落ちててさ。あれはイチョウかな?

その雑に広がってる落ち葉の道を白街灯がずっと奥まで規則正しく照らしてるんだよ。

ぼくは「なんて最高な景色なんだろう」って思ってさ。ただ偶々“右”を見ただけだよ?

それだけで感情が高まるんだよ。

当たり前の事なのかもしれないけどそれって人生の中で、奇跡であり真理なんじゃないかなぁと。

最近、自分がどうなりたいかとか何も考えない日々が続いててそれが幸せでそれでよかったんだけど、なんか自分じゃないなぁって感覚もあってね。

ぼくには幸せなんて似合わないし詩人は少し悲観的な方がいいと思って生きていたのになんかそう言う感情で少し自分が分からなかったのだけれど、その景色を「最高だ」と思える、道に落ちてる季節を感じられる、そんな感性があってよかったと心から思った。

 

あとね、たまに凄く低い目線、立ったばかりの子供くらいの目線で雨を見てる夢を時々、何日も続けて見るんだよね。

不思議な事に人間って初めて雨を観た時の感情って味わってる筈なのに覚えてないんだよね。

「それって凄く勿体無いなぁ」って中学校3年位の時に思ったのがきっかけだと思うけど、そんくらいの時からずっと見るんだよね。

未だにその感情をどうしても思い出したくて、と言うか最早知りたくて、知れるのならば対価として初恋の記憶位なら失ってもそんなに問題ない。

 

「歳をとると感性が死ぬ」とか言う表現者気取りの奴が知人でいたけど、感性は死なねぇよ。

お前が棄ててるだけだよ。

お前にとって自分の生きる中でそのお前が言う感性って奴はその程度のものだったって話なんだよ。

友達と呑むのが楽しい、ゲームが楽しい、恋人とずっと一緒に居たい、幸せになる為に働く、働きたくない、考えたくない

全部感性じゃねぇか。

それを引っ括めて表現出来ないだけじゃんか。自分の無能さを感性の所為にするなよ。

ぼくもそんなもん引っ括めて表現出来ねぇから貪欲になるんじゃんか。

そう言うことに貪欲にならない時間って、それは表現するよりも幸福な事に直面してしまってるってことじゃんか。と言うか貪欲になってる時間が幸福じゃんか。

あんたが表現者じゃなかったってだけのことじゃん。

 

こんな考え方だから不安になってたんだなぼくは。感じたり考えたりしていたいんだな。きっと。

 

 

今日は、頭の中の整理と幸せである事に不安を感じてる人間が純粋に幸せな人間に対する悪口を言う文でした。

誤字脱字多いんだろうなぁ。

 

こんぐらいの量がいいね。

クソみたいな雑誌のクソみたいなコラムみたいでさ。

 

ほっそいヤンキーは大体危ない。

いや、ほっそいヤンキーって大概狂ってるキャラとして位置付けられるイメージない?

今日はそんな“イメージ”について語ろうと思わない。

 

台風が来てるってさ。

台風は良いよな進路大体決まってて。

ぼくは人生迷走中だよ。クッソ楽しい人生だな!

多分、台風が同級生だったらぼくは同窓会に行かない。と言うか、台風が同級生とか関係なく普通に同窓会に行きたくない。

結婚、安定、幸福

なんだよそのナイス三項目…

 

その三項目から派生して結果、色々考えるんだけど、ぼくの幼稚園〜小学校位の時の夢は「暴走族」「花博士」「職人」「美容師」

と謎の「花博士」以外割と現実的と言うか実現する可能性の高いものが多かったみたいだから割とリアリストだったのかなぁと思う(リアリストなだけあって幼稚園の頃の七夕の短冊に書いた願いは「つよくなりたい」だった)

そんなリアリストな幼少期のぼくは多少人生が進むにつれ知識を得る訳で夢が肥大化していく。

今となってはその夢も肥大し飽和してしまったが故に「カリスマになりたい」とフワッと宙に浮いてしまっている。

そもそもカリスマって何なんだよ。

と言うかカリスマだとか何だとか自分で御託を並べているが要約するとあいも変わらず「楽して稼ぎたい」なんだよね。

強くなりたいと七夕に願っていた少年の末路はただのクズだったってわけさ。

 

「ぼくの人生はあと何回か繰り返される」的な事書いた気がするけど、どんだけ今回の人生無駄にする気だよ!

 

あ、ほっそいヤンキーって危ないやつのパターンと圧倒的なカリスマのパターンもあるよね。

しらねぇけど!

 

相変わらず無理やり伏線回収しようとして回収全然出来てないだろう?

そんで気付いてるだろ?

記事が段々と内容、文体のレベルが下がってきている事に。

 

やぁ、久しぶり。

題名で言ったけどさ、やぁ、久しぶり。

正直、ブログに軽く飽きてたのとバンドを始めようとしたり仕事辞めて新しい仕事始めようとしたり、バイトばっくれたりしててブログの事をすっかり忘れてたよ。

 

ぼくがブログ書かなくなってから世の中クソ面白い事ばっか起きてんじゃん…

なんだよ“ヒアリ”ってこえーよ…

なんだなんだ…

ヒアリ怖えからとりあえずバイアグラ100mlの曲でも聴こうぜ。

 Deathparade - syrup16g(MV) - YouTube

間違えたsyrup16gだった。

 

 

ありがたいことにブログ放置してた、ぼくなんかに

「ブログ更新まってます」

って声掛けてくれる人がいたんよね。

 

 

そんな事言うなら今ぼく風邪ひいてるから看病してくれよ!!

 

まぁ、そんなこんなで久々のブログを初めてiPhoneで更新してるわけだけど、iPhoneでブログ書いてるやつ凄いな。

クソ書きにくいぞ。

 

久々すぎてぼくがどんな文体でブログ書いてたか覚えてないや。そんなこんなで新しい職場で奮闘中なんだけど、新しい職場にはオカマの社員とデスタムーアみたいな女の人が働いてる事ぐらいだよブログにできる話は。

 

そうそう、ぼくは小心者だから、ばっくれたバイト先から電話かかってきて胃に穴が空きそうなくらい憂鬱なんだけど、みんなは人生で1番憂鬱だったことってなに?

ぼくは、誰にでも股を開く阿婆擦れ女のかぁちゃんの飯が自分のかぁちゃんの飯より美味かった時が1番憂鬱だったよ。

寧ろ、そこで

“あぁ、憂鬱ってこう言うことなんだなぁ”

って知ったよ。

 

 

ああ、相変わらず洗濯機は買ってないよ。

 

 

なんか投げやりにブログ書いているから、いつも以上に話が二転三転してるけどスピード感があっていいでしょ?

多分、新しいカーズの映画よりスピード感出てるよ!

けど、今日、満員電車で人がめっちゃ降りる駅に着いて人が座席から立った瞬間に遠くから凄いスピードで座席を目掛けて歩み寄ってきたハゲよりはスピード感出てないかな…

普段サラリーマンに対して

オッさん、お疲れさん。いつかぼくもあんたの様に必死に働いて家族を守りたいよ”

って思ってるけど流石に

「このハゲー!」

ってなったもんね。

とりあえず時事ネタをふんだんに盛り込みたい性分なんだけど、大分前、知り合いの社長から聞いた「西○敏行が薬で引っ張る為に警察が動いてる」って話が何時迄も進展なくて全然時事ネタに出来ないの辛くない?

現代のシド・ヴィシャスことアスカと絡めて話したいのにな…

 

 

 

 

 

 

 

我ながら駄文、散文失礼しました。

流石に洗濯機買います。

 

 

夏と虫とチーズの話

もう夏の様に暑くなってきたね。

考えると、ぼくは夏服を持ってない。

去年の五月に上京したばかりで買ったGUの靴もボロボロになってる。

そんなんで下北沢に行ってよく殺されなかったね!

 

まぁ、そんな事は良いんだけどさ。

 

夏になるとみんな半袖着るじゃん?

ぼくは半袖で外に出るのが苦手というか、肌の露出面積をできるだけ減らして生きていきたいのね。

そうなってくると自ずと、袖の長い服とか裾の長い服着るじゃん?

だからぼくは別にサブカルじゃないんだよ!

 

ぼくはサブカルじゃないし、常識人やし、真面目なのね。誰がなんと言おうとね。

 

もう夏になるって事でいっぱい虫が出てくるし、ヤンチャなお兄ちゃん、お姉ちゃんが出てくるじゃん?

共通点としては光の強いところに集まるよね。

怖いからドン・キホーテに行けない!

ドン・キホーテ行った後にセックスするんでしょ?

 

ぼくはセックスが嫌いなんだけれども、理由の一つとして“責任”がつきまとうわけじゃない? ぼくはその“責任”て物が嫌いなのね。

  • 自分の事にしか責任持てない
  • 人の事まで責任持ちたくない

そんな人間はセックスをしてはいけません!

 

「考え方がかたいよー」

なんて言う人いるじゃん?

は? お前、脳味噌溶けてるんじゃねぇのか?

その溶けた脳味噌でよく考えて欲しいのだけれど、何にでも可能性があるわけじゃん?

子供が出来たりしたらどうするの?

お前等のそのチーズみたいな脳味噌の状態じゃまず、子供がかわいそうじゃん?

「堕ろすよ」

は? その瞬間から既にお前等は人殺しなんだぜ?

命を甘んじちゃダメじゃん?

 

子供が出来て結婚します、真面目に育てます。

離婚すんじゃん? 虐待すんじゃん? 育児放棄するじゃん?

離婚も虐待も育児放棄もされず、完全な状態で幸福を手にいれる子供達ってどれだけいるのかなぁって思うのね。

 

ぼくは母子家庭だったんだけれど、ぼくの人生、尊敬する母親が頑張ってくれたから十分に幸福を受ける準備はできていただろうけれど、ぼくの親父がヤベーから「お前は出来ちゃった子供なんだよ」って言ってきたのね。

ワオ! この男言っちゃったよ! 気付かないフリしてたぼくの気持ちを返せ!

って小学生ながら思ったよ。

 

母子家庭の子供って多分、共通で大人の顔色とか、大人の中身とかに敏感なのね。

だからか「ぼくの親は周りに比べて若いからきっとぼくの親はできちゃった婚したんだなぁ」って気付くのも容易なのね。

 

ぼくは基本的に適当になったのも人一倍敏感だし、真面目過ぎて病気になって「もう病気になりたくねぇなぁなんも考えないで生きよう」って思ってからが適当人生の始まりね。

それまでは、周りに居た人間の所為でそれなりに奇特な経験をして生きていたのだけれど、ああ、よく考えるとそれも病気の原因ではあるか…

 

とりあえず、ぼくは別に親が離婚した事もヤベー元父親にも何も思ってなかったけれど、ぼくみたいな人間の方が奇特だし大体の子供は

「なんで私にはパパ(ママ)がいないの?」

とか

「なんでこんな苦しい思いするんだろう」って、それを親が離婚したからって事から感じて、両親揃ってる家庭を羨む事が多い

ってなんかの本で読んだんだけど、そういう事考えると苦しくなるのね。

だってそういう子はこれからも生まれるじゃん?

責任を持って行動していれば望まれない子供、イレギュラーって言ったら聞こえは悪いけれど、そういう子供は生まれない。

折角だし、生まれるなら皆、幸せだけを感じて生きていきたいじゃない。

 

脳味噌チーズ野郎どもはその権利を奪う可能性がすごい高いじゃん?

当たり前だけど責任取れない奴がセックスするなよ。

ぼく、セックスを経済制限するべきだと思うの。

「年収〇〇円以下の人間が性行為を行った場合、罰金〇〇円です」

みたいな。

けど、それだけじゃセックスが好きな人に不利だから

「年収〇〇円を超えた場合、配偶者を一人増やしても良い」

的な。年収が幾らを越えるたび配偶者を増やせるシステムにすりゃあ良いんだよ。

配偶者増やしたいが為に必死に成って働くでしょう?

 

浅はか!

 

セックスを経済制限〜

のあたり楽しくなってなんも考えないで書いてたわ。

とりあえず

餓鬼がガキを産むな。

今日のぼくは口が悪いよ。

 

ぼくは大人なんかより子供の方が断然、賢いと思うし断然好きなのね。

だって、子供は一生懸命生きてるしそれが仕事。

大人は死んだような顔をして生きてるしその原因の大半は仕事の所為。

ちゃんとしてるのは子供の方だよ。

子供に頭上がらないよ。

 

「お前の思想の話なんてどうでも良いよ」

どうでも良いよな。わかってる。

長々書いてきたけど、もう今日はやめる。

でも一言だけ言わせて。

 

 

 

お母さん!!

ぼくを一生懸命育ててくれてありがとう!!

 

 

コインランドリーってなんかいいよね。

やぁ、久しぶり。

ぼくは体調不良とやる気のなさで書けなかった…

やる気のない時に書いても自分の中で出せる一定のレベル以下の文しか書けないじゃない?

質の悪い文を毎日続けるより、ある程度の質を保って文を書きたい!

まぁ、そんなのは言い訳にしか過ぎないんだけども…

やる気がないのはブログだけじゃなく全部にやる気が出なくて本当に困ってたんだよ…

 

 

 f:id:chu0chu:20170601180222j:image

僕は上京してもう1年が経つ。洗濯機がないので、コインランドリーを使って洗濯をしているが、最近は本当に“やる気”がない所為でコインランドリーに行けずに、着れる服がなくなってきていた。

そこで「洗濯機を買おうか」と一人、一大決心をし最寄りの電気屋に出向く。3階建ての2階にある家電売り場で僕は洗濯機を選ぶ。誰の目を気にすることも無く、ただ自分の財布と洗濯機の値段とで相談を繰り返すが、常識がない僕は洗濯機の値段を初めて知り「知らないメーカーなのに2万6000円か…」少しの動揺が走った。

僕は、暫く悩んだ末「一旦帰ってインターネットで探してみようか…」と、その場での購入を諦めバス停に向かう。

空は少し灰掛かっていて、うだつの上がらない僕の生活を写しているようだった。

 

 無理やり引き出した、残り少ない僕の“やる気”を電気屋への移動に費やしてしまった。

ついにやる気を完全に使い果たしてしまった僕は、洗濯機をインターネットで調べる事も無く、毎日毎日少しだけ湧く、仕事分のやる気を使って帰り道にコインランドリーに寄り洗濯を済ます。

「ははは、もう中古でも良いからとりあえず安く洗濯機を買わなきゃコインランドリー代もバカにならないな…」

僕は気付くのが遅すぎた。

灰掛かった空の色が続きその色にも慣れてきた頃に僕はやっと気付いた。

「今日、帰ったら洗濯機注文しよう」

コインランドリーの外で、洗濯物の乾燥が終わるのを待ちながら煙草を吹かす。

見慣れた空の色も少しは晴れていた気がした。

 

 僕は家に帰りすぐにインターネットで注文する。

「2万6000円か… 痛い出費だけれども、これが届いたら生活が少し変わる気がする」

そんな事を考えながらも金額の所為か、どこか罪悪感も感じていた。

罪悪感を紛らわせる為に僕ができる事は無くそれから何日か待つと家のインターホンが鳴った。

 「やっと、届いた」

インターホンが僕の罪悪感を高揚感に変え、僕は飛び出すように玄関へ向かう。

「はい!」

「佐川急便です」

「今開けます!」

僕は鍵を開ける。

代引きで買った為、配達員に料金を払う。

「『こんな紙切れにサインして何が変わるんだ。僕は今日から生まれ変わるけど、あんたは精々、色んな家を回ってサインでも集めてな!』」僕の心は高揚感の所為で配達員の仕事を履き違えていた。

 

 商品を受け取った僕は、高揚感と少しの不安を紛らわす様に乱暴ダンボールを剥ぐ。まるで初めてのセックスをする高校生になった気分で。

「これで、僕の生活が変わるんだ…」

 

 僕は2万6000円と引き換えに失っていた“生”への活力を手に入れた気がした。

 

 

 

 

そんな僕が買ったのはこれです。

 【試奏動画】MASF Pedals POSSESSED ギターエフェクター - YouTube

 

 

 踏んでギターの音変えたりするやつ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯機買えよ。

ブスな女子高生と美人なババァならどっち選ぶ?

男の子に質問なんだけど、あなたはブスな女子高生美人なババァならどっちを選ぶ?

ぼくは断然、美人なババァ派だよ。

まぁババァの定義がわかんないから結構なハンディマッチではあると思うけど、概念として捉えた女子高生として認識して。

 

さっきも言ったけど、ぼくは断然、美人なババァ派なのね。

だから女子高生派の意見がよくわからないの。

女子高生派の人はどう考えてるの?

若さへの探求心がすごいの? それもう女子高生派じゃなくてお前女子高生だろ。

ぼくにはわからない… ぼくにはわからないよ…

教えて狩野英孝

教えて極楽とんぼ山本!

教えて東国原英夫

教えて板尾創路

教えてトリコ描いてた島袋先生!

板尾創路に至っては若さを追求しすぎて中学生、相手にしてるからね! 女子高生の若さへの探究心を超えてしまったからね!

 

「当たり前じゃねぇからな?」

って相方が捕まってから、すっかりスッキリしちゃった人が言ってたけど本当にそうだぞ!

条例違反だからな!

何が「概念としての女子高生なら俺は女子高生派かな」だよ!

「概念としての女子高生」ってなんだよ! んなもんねぇんだよ!

そう考えると絵音くんは偉いぞ酒飲ませたのバレてさすがにやばいと思ったのかちゃんと付き合ってるからな(どうせファン食ってるだろうけど)

 

思うんだけどさ、女子高生とそういう事するのは良いけど危機管理能力が欠落してないと中々出来ないよね。

どこまで危機管理してるのかな。

まぁ東国原英夫は“そのまんま”だろうけど、狩野英孝はタイミングがタイミングだから最終防壁は張ってたでしょう…

はやく帰ってきてくれ狩野英孝

ぼくは狩野英孝が結構好きだったから、加藤紗里の件で一旦落ち着いて欲しかったなぁ。

 

ああ、話が脱線した。

で、あなたはブスな女子高生美人なババァならどっちを選ぶ?

ここでもぼくはクズが出てくるんだけど、確率論の話だよ?

ブスな女子高生よりも美人なババァの方が養ってくれる可能性が高いはず! 

というかぼくはそもそも年上の女性の方が、そもそも好みなんだけれど歳を重ねるに比例して上限が上がっていく訳じゃん。いつかは反転して年下が好みになる時がくるのかね…

ぼく、早くしないとどっかのおばぁちゃんと結婚してそうで不安でしかたがないよ!

ああ、だからみんな若さを探求するんだね…

こんな雑記で人生の“なにか”に気付かされるとは思わなかったよ…

 

ブスな女子高生諸君! その「女子高生」ってブランドがあるうちは君はきっと美しいよ!

ブランドがなくなる前に 大切な人を見つけるor美しくなる努力 をしておくんだよ!

そうしないとぼくみたいに自分を棚に上げて悪口を言うクソ野郎にブスブス言われるから!

間違ってもサブカルとかに行くんじゃないぞ。

幾らブスでこそ映えるサブカルファッションがあるとはいえ、お前はサブカル映えしないかもしれないだろ?

 

 

条例違反戦隊はもう狩野英孝しか残ってないけどこれからも応援してくれよな! じゃーな!

 

「遅刻する方も苦しいんだよ…」

体調崩しててずっとブログ書けなかったよ。

みんな五月病はもう治った?

ぼくは年中“五月病”だよ!

五月病の主な症状”
抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。主訴には、不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人との関わりが億劫などが多い。

おお…やっぱり小五くらいからずっとぼくは五月病

まぁ、五月は本当に仕事辞めたくなったり、学校辞めたくなったりシンプルに体調崩したりする季節だから気をつけて。(もう五月末…)

そんなぼくも仕事辞める決意をして、もう辞めると会社に伝えた。

心底ダメ人間だと思う。

でも現状、正直仕事楽しくて、やりたい事、悉くできないもん。ぼくが一番なりたくないと思ってた人間になりそうで怖くて逃げちゃったよ。

 

まぁ、そんなこんなで五月病の所為で学校サボったり、会社遅刻したりした人いるでしょ?

社会人の遅刻って辛いよな…わかるよ…

ぼくはずっと「遅刻する方も苦しい説」を提唱してきたのだけれど、いつも「お前は社会人としての意識が低いから遅刻してる分際で苦しいとか言えるんだ」ってめちゃくちゃしっかりした知人に怒られてたりしてたんだけれど、この間その知人が仕事遅刻したらしいんだよ。

そしたらLINEで「ごめん、私が間違ってた。遅刻はする方も苦しい…」って連絡が入ってたんだよね。

ぼくはその時に思ったよ…

 

 

 

 

 

勝った…

って。

ぼくの提唱し続けた説を今、立証できつつある。

今、大きな一歩を踏み出した。

 

ぼくが思うに、しっかりとした人間ほど仕事で遅刻した時の精神的ダメージが大きいと思う。

ぼくで胃に穴が開くくらい苦しいのに、しっかりした人間が初めて遅刻したら耐えきれない位辛いんだろうな…

 

まぁ、遅刻なんかしなければ良い話なんだけど、人間じゃん?

具合悪い時もあれば、寝坊しちゃう事もあるよね。

わかるよ…

でもね、社会に出てから遅刻で悩んでいるみんな、どうせ社会人やって行く中でだんだん朝起きるのが早くなったり、ちゃんと仕事にあった生活リズムになっていくから…

それで生活リズムが合わないようなら、それはもうあなたには合わない仕事だよ多分。自分の体に合わせた働き方をしよう。体や心が健康じゃなきゃ意味がないからね。

悩むような事は何もないよ。

気楽に働こう。

 

クズと言われ続けているぼくがそうやって普通に生きてるんだから、

しっかりとそういう事を悩めるあなたはちゃんと生きていけるよ。

心配ないよ。

 

 

そんなこんなで、自分の心情を吐露しつつ、悩んでる社会人にエールを送った訳だけど、ぼくのブログってそういう系統の記事多いよね。

たぶん今後もそんな記事が増えていくと思う。

面白い悪口ブログにするつもりだったんだけどなぁ。

まぁいいか。