静脈日記

ひたすらに世迷言

名言ってどこからが名言かわからない

 

みんなは人生でパワーワードとか名言に刺された事はありますか?
心に残る言葉を与えられた事はありますか?


名言と言えばニーチェだけど、ニーチェの名言って結局、ぼくら一般人からしたら
「偉人の発言」
だから、あんまり刺さったり、喰らったしなくない?

いや、能動的にニーチェの言葉を見る人間というか
「頑張ろう!」
って思ってニーチェの言葉を見た人からすると、めっちゃ背中を押してくれる言葉とかいっぱいあるけどね。
読んでると “は? 遊びまくった男だから言える言葉だろ” とか思うことも多いけどね。

 


でも、普通の生活の中で身近な人間とかから、受動的な状態、意識がニュートラルな瞬間に言われる何気ないワードは刺さりやすい。

 


「俺の兄ちゃん仮面ライダー
とか、言われた時はマジで刺さったわ。てか喰らったわ。
若干視界グラついたもん。
しかも、観てた仮面ライダーだったから二重で、喰らった。

 

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201212194903j:image
Twitterにも載せた母親からのLINEだけど、これもパワーワードだよね。
多分、並大抵のキャバ嬢ですら言えないセリフだからね。
「又」って言ってるけど、以前の事はぼくに知らされてないから二重で食らってるからねこれも。

因みに車興味ないからわからんけど、なんかデケェ車だった。

 

 

 

 


「俺、椎名林檎のタンス作ったよ」
これ、なんかわからん。
「刺された」、「喰らう」ってか魔法に掛けられた様な感覚になったよ。
まず、椎名林檎型のタンス」なのか椎名林檎が使うタンス」なのかわからん。
椎名林檎ん家まで運んだんだよ」
って言ってたけど、椎名林檎だからさ
椎名林檎が使う椎名林檎型のタンス」の可能性も捨てきれない訳よ。
当時はそれについて考えたくなくなってたから多分、状態異常系の魔法だわ。

 

 

 

 


「サッカーやめて、今DJでメシ食ってる」
今でもここだけ見たら「は?」ってなるわ
これは迷言。
サッカー部だった頃の先輩からのワードなんだけど、久しぶりに会った時に言われた導入のワードなんだけど、ちゃんと話を聞くと
「大学でサッカーで挫折して、DJ KAORIに憧れてDJを始めたら、めちゃトントン拍子で上手くいった」
って話だった。
一瞬Jリーガーだったのかと思った。

普通に「人に話を聞かせる能力高えな」って当時思ってしまった。

 

ぼくは完敗したと思う。

 

DJ KAORIに憧れる人間のトーク力に感心してしまった。
絶対に軽自動車改造したり、ビビッドなピンクの麻の葉型の芳香剤ぶら下げたりしてる奴じゃん…
そこにトーク力とかワード力で負けたらぼくの様な底辺は何も勝ち目ねぇよ…
(めっちゃエロい泡泡なDJパーティみたいなの一人で回してる様な人だから、トーク力とかワード力勝ってる位じゃまず勝てる訳ないけどな)

 

 

てかさ、さっきスーパーで幼稚園か小1位の女の子が「カオス!カオス!」って、言ってお母さんにスルーされてたけど、あれ何? 名言? なんか流行ってるワードなん?

 

 

 

すぐに名言から脱線したけど、最後に理由もなくめっちゃ喰らった名言あるから教えるね。

 

当時、付き合っていた恋人と別れた時に言われた言葉ね。

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 


「麦茶作っておける彼氏になれよ」

 

 

 


ここでぼくは己の哀れさを悟ったって訳。

イケメンに弟子入りしようと思う

最近知り合ったイケメンがイケメンすぎて勝手に師事しようとしてる訳だけど、何もかもイケメンなのね。

 

もしかしてイケメンて死語じゃねぇか?
と微かに怯えつつ話していくね。

 

まず、実家がイギリスと北海道にあるって言うイケメン。

 

イギリスの有名な美容学校出てて、スタイリスト兼デザイナーなイケメン。

 

ナチュラルに顔がイケメン。

 

勿論、英語ペラペラだけどアメリカの英語ムズイわー」と嫌味感なく言うイケメン。


は? どう足掻いてもイケメンじゃん。

 

 

そんで、ぼくがスキル無さすぎて
「お仕事に繋がるスキルが欲しいな」
って思って、ある事の勉強しようとしてたんだけど、その話したらさ、


「え、俺○○の仕事始めたっすよ、教えましょうか?」


とか言う。

 

は? イケメンじゃん。

 

 

は? イケメンじゃん!

 

 

 

仕事になるかわからないし、勉強なんて一人で上手く出来るか不安で動き出せなかったのに、教えてもらえるって聞いただけで、ぼくに一歩踏み出す勇気を与えてくれるイケメン。

 


イケメンは歳下だ。
「おいおい、オメェさん。歳下に師事なんて恥ずかしくねぇのかい?」
と江戸っ子は言うかも知れない。

 

 

は? そんな犬もくわねぇプライドなんざ、ぼくは持ち合わせてねぇのさ。

 

 


「とりあえず、俺が勉強に使ってた本貸すっすね!」

 

またイケメンかよ!


尊いかよ!!

 

 

気付いたわ、イケメンだから尊いんじゃ無くて、尊いからイケメンなんだわ。

 

今までインチキ臭い社長とかお偉いさん達と知り合ったけどイケメンはインチキ臭くないんだよな。

 

なんで?

 

 

あ、イケメンだからか。

 

 

ぼくは女の子だったらクソチョロ女だわ。


残念な男で良かったかもしれん。

でも残念な男でもイケメンにイケメンされてるんだよな…


世界カーストは的には、どんな大富豪よりもイケメンが頂点な気がしてきた。


もう、自分が餌を貪る豚の様にしか思えないし間違ってない。(でも、ぼくの食事はディストピア飯ってみんなに言われます)


昔からぼくは

「美男や美女は小さい頃から褒められて育つから、変な捻くれ方をしないで真っ直ぐ育つ」

と言う説を唱えているんだけど、これで説の立証にうんと近付くわ。

捻くれてる美男美女はクソみてぇな親が育ててると思うんだ。


そうそう、イケメンが吸う煙草はなんか良くわかんねぇイケメンな煙草だった。


こんだけイケメンって書いてたらイケメンってなんかよくわかんなくなったわ。

ついでに生きてるってなんだかわからんくなったわ。

 

 

 

 

 

PS.

ポジティブな時にネガティブな事を言い、ネガティブな時にちょっとポジティブな事を言う。

それがぼくの能力の発動条件です。

マスクを防寒具として着けている節がある

今日気づいた事なんだけれど、煙草を吸いに、喫煙所のある外に出て
「さみぃなぁ」
とか思いながらそっとマスクを装着している自分がいた。煙草を吸うために外に出たのに。

 

ここではぼくの悪性が出る。
「“マスクは空気感染予防の為のアイテム”という概念に囚われすぎでは?」
と、思考が走る。

 

この時期はマフラーやスヌードが欠かせなくなってくる。
ただ、このご時世マスクもまた必需品だ。
同時につけると、どうも具合が良くない。

「では、マフラー型のマスクを作ってしまえば良いのでは?」

 

やっべ、特許取らなきゃ。


マフラーってさ、いつ買うの?
昔貰ったマフラーの柄が普遍的過ぎて毎年それを使ってしまうんだけど、いつまでこれつけるのかと。

 

てか、さ
服っていつ買うの?
夏服が欲しいと思って探してると気付くと冬だし、冬服がほしいと思って気付くと夏なんだけど、ぼくが服のこと考えてる時だけ時間軸バグる様な仕組みでこの世界は出来てるの?


今年は夏にコート買っちゃったんだけど、夏の段階で欲しかっただけだから、冬になると別に着たくないのね。

 

きっかけがないからなのかな。
前はイベント毎が有ればそこに着る服が欲しくて買ってたけど、今は家から全く出ないもんね。
あと、純粋に「お気に入りを着潰したい」って感覚が強いからかな。
「あいつと言えばあの服装」
って覚えられる様な着方をしたい。

 

は?

 

 

 

買い物といえばさ

ブラックフライデーってなに?
ブラッディマンデイが勝手に頭に連想されるし、もっと言えば主題歌はflumpoolだったはずなのにアンダーグラフのツバサが頭の中で再生されるのなんで?

しかも頭の中でアンダーグラフの見た目を思い出そうとするとポルノグラフィティに邪魔されて思い出せないんだけどどういう事?

あ、グラフか。

 

 

は?

 

 

 

今日もまた頭に浮かんだ事、書いてるから纏まりがないし頭悪いのよ。

 

あ、そう言えばブログ再開してからずっと言おうと思ってたんだけど

 

なんで後厄まで越えたのに人生好転したいんだい?


なぜ笑うんだい?

(ⓒクリスティアーノ・ロナウド)

 

生まれた時からずっとお腹いたし、なんなら厄終わった後から人生の難易度上がったぞ。もっとお腹痛くなったぞ。

「え、なに大殺界って奴か?」
って思って調べたけど、去年に後厄と大殺界同時に終わってんじゃねぇかよ!

ダブルできてる割には去年チョロかったぞ!

 

なんだよ、すがるもの寄越せよ!
「あ、大殺界だから仕方ないよね」
って、諦めさせろよ!

 

 

 


お風呂でフェイスマスクしながら書く内容なんてこの程度よ…
文も、言ってる事もやってる事もそこらのOLと同等のレベルだよ!

ようこそ、ディズニーランドへ。

ディズニーランドが苦手だ。

テンションを上げなければいけない強迫観念にかられるからだ。

ディズニーランドって空間では皆んな幸せでしょ、不幸な人は1人も居ないでしょ。

 

 


ぼくはディズニーランドって空間の“所為”で不幸になるんだよ!

 

 

 

あと、純粋にアトラクションが乗れない。
「大丈夫? これ壊れない?」って、思考に支配されて、気が気でない。楽しめない。
コーヒーカップ? も「固定が外れて回りながら飛んでくんじゃないか?」
と不安になる。

これ、ちょいちょい同じ恐怖心の所為で乗れない人いるみたい。

 

ディズニーランドには一度しか行ったことがない。

地元が北海道で高校の修学旅行が

京都 1泊2日

ディズニーランド 2泊2日だった。

 

 

は?
ディズニーランド2泊2日って何?

 

 

って、思ってた。

 


京都はよかったよ。
街並みも食べ物も、なんなら“修学旅行”のルールの中での行動をする事すら一つの楽しみ方として感じられていた。
(普段はそんなに話さない歴史好きの子と時間が許す限り寺を回ったりした)

 

翌日は京都のホテルを拠点に一度、奈良へ行き、奈良で修学旅行の「修学」の部分を行い現地解散。数時間の自由時間を与えられ
その後ホテルで「修学」を纏めるミーティングみたいな時間の後、移動。

 

そして、どこにも寄らずにディズニーアンバサダーホテルにチェックイン。
そこまでは良かった。

 

ホテルがめっちゃ可愛いのだ。
外装も内装も可愛いのだ。

 

そして朝が訪れる。


「今日は、自由な時間がある最終日です。思い切り楽しんでください!」

屈託のない優しさで溢れた笑顔で先生が言う。

 

 

ぼくには先生がビートたけしに見えました。

「今からちょっと殺し合いをしてもらいます」

って、言っている様に聞こえました。

 

 

 


ここは夢の国?

いいえ、監獄です。

 

 

 

 

ようこそ、監獄へ。


ぼくは、朝の8時に投獄され、夜の19時まで隔離される事になった。

シャトルバスですぐな筈なのに戻れない。
脱獄が出来ないように係員が巡回していた。


つまり、11時間ずっと暇なのだ。

 

そこへ救いの手が差し伸べられる。

 

「お前も乗れないっしょ? 2人で時間潰さね?」

 

音楽好きで当時よく話していた子だ。
イケメンだが「彼女は学校が違うから、修学旅行自体が楽しくない」と言っていて
「どうせ何も乗れないし、ダサいところ見られないから、ある意味ラッキーだわ」
とか言ってたのも覚えてる。

 

そうして、救世主とディズニーランド11時間耐久レースが始まった。

 

何故か落ちてた木の実からバターの匂いがして
「やっぱ夢の国はちげーや、ただの木の実すらウィットに富んでやがる」とか言うから
それから1時間はウィットに富んだ他の木の実探した。


ディズニーあんま分からないから施設名わからんけどウェスタン風のお土産屋さんに売ってた知恵の輪を買って時間潰して最終的に
「この空間で俺らだけ頭使ってるよな」
という、救世主の言葉が空間を支配した。

 


その後はとりあえずフラついて目に映るもの一つ一つにツッコミを入れたり、馬鹿な事を言って歩く。

 

記憶曖昧だけど唯一覚えてるのは、なんか水路だったか噴水だったかは忘れたけど、夢の国は流石だよね、清掃とか修繕とかしっかりやってるからかな、めちゃくちゃ滑らかにヌルヌルと水が流れてて、脳がバグったぼくが思わず
「あれ、ローションじゃね?」
と言うと、救世主が

「もしかしたら、ここは大人にとっても“夢の国”なのかも知れませんね…」

と言った事。

 

いよいよやる事なくなって最終的には「夢の国で、より多くの鼻毛を抜けた方の勝ちゲーム」が始まってしまったあたりから記憶がないです。

 

 

 

 

あ、そういや投獄されて、バグり始めた中盤辺りからは2人とも同級生カップルが手を繋いで歩いてるのが悔しくて、男2人で手を繋いで暫く歩いたわ。

 


多分、ぼくらは早い段階でこれ食ってたんだと思う。

f:id:chu0chu:20201127003028j:image

f:id:chu0chu:20201127002703j:image

 

いつの日かスマホの電話帳を見なくなっていた。

スマホの電話帳?

Androidはなんて呼ぶのか分からんけど、iPhoneら連絡先か

これって活用してる?

 

みんなLINEばっかで基本使わないでしょ?

あ、でも、それなりにちゃんとした仕事してる人とかは取引先との連絡とかに使うもんなのかな。

 

 

f:id:chu0chu:20201125223009j:image

ここの画面ね。

 

 

ぼくは基本的にLINEしか使わないし、そもそも誰とも連絡を取らないからさ、見ないのよ。

(淋しすぎるだろ? LINE教えるからめっちゃLINEしてきてくれ)

 

電話なんか、使っても1つ2つの場所にしか電話しないから履歴からコールするのね。

 

2年ぶりくらいかな、久々に電話帳見たんだけど意味がわからないから見て。

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125221712j:image

どこの美容室だよ。

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125220454j:image

どこの課長なんだよ。

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125220519j:image

これは多分おばぁちゃんの連絡先。

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125222046j:image

んな訳ねぇだろ!

いつの間に宮崎あおいと連絡先交換したんだよ!

誰だよ!

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125220615j:image

さっきから役職名だけ登録してるけど、誰なんだよなんだよマジで…

んで、唐突の外人も誰なんだよ…

 

 

 

 

f:id:chu0chu:20201125220919j:image

あ、これはチョナンカンなのはわかるけど下の名前が違う。

なんで違うのかは忘れたけど、間違いなくチョナンカンだと思う。

 

下の名前が謎だったから、田中長徳ググるケサランパサランみたいな、おじいちゃんが出てくる。

写真家らしい。

可愛い感じのおじいちゃんだった。

 

語彙が無くなるくらい誰か分からない事なんて普段ある?

ビビるわ。

 

これ仕込みだと思うじゃん?

信じなくてもいいけど仕込みじゃないんだよ…

「笑って貰えればいいや」って思って載せてるけど頭悪すぎて一人で恥ずかしくなってるからな!

恥ずかしすぎて苦しいからな!

 

 

 

他にも載せる程じゃないけど、殆ど平仮名だったりして、明らかに適当に登録してる名前ばっかりで誰が誰か分からない。

 

あと

『「フミヤ」で登録されてる番号が3つあったけど「フミヤ」って名前の知人は、2人しかいない』って現象もあったけど多分、一個は電話番号変える前と後のどっちかのどっちか」

だと思う。

無駄に複雑な現象起きてる。

当時ちゃんと整理してないの良くなかったんだなこれは。

 

 

そんで、明らかに濃い繋がりの人はちゃんと「よく使う」の項目に入れられてるから判断がつく様にはなってた。(ただ、田中長徳は入ってなかった)

そんな整理の仕方するくらいなら最初から真面目に登録しろよな…

こんなんでちゃんとした大人になれる訳がないわ…

 

ゆーてLINEも連絡先交換した名前のままだから誰が誰かわからないよ結局。

ムードメッセージ? だっけ?

あれ見てたら誰かわからんけどUUMに所属したらしいわ。

知らん知り合いが、知らんうちに知らんユーチューバーになってた。

なんも知らん…

 

 

 

名前変わってても誰か分かる。

おばぁちゃんとチョナンカンがぼくにとって、いかに掛け替えない存在かだけは、再確認出来たわ。

間違いなく来世でもまた会えるわ。

考える葦である

なんか書く事が続いちゃってるから、自分語りをしようかな。
毎日ほぼ自分語りだけどね。
(だから友達いねぇんだよ)

 

文にも反映されちゃってるけど、最近のぼくの中での議題は「思考停止」についてなんだけど、考えたく無いから考えるって矛盾が何故か楽しいんだよね。

 

思考停止のアホ面でパチンコでも打ってればいいのかい?
打った球が全部あの真ん中の穴に入るなら打ってやってもいいぞ?

 

「なんも考えたく無い」って、自分と「考えないのは良くない」って自分がいる。

実際、殆ど何にも考えない時期があって、自分が喋ってる事が変だと気付いて“ハッ”とする事が何度もあった。

 

その時期の話だけど、好きではない先輩と久々に合って
「オウ! 久々だな、最近何してた?」
って感じの会話だったと思うんだけど、会話をしたくないが余りに出した言葉が
パイプカットしてました」
だった時は、本当に自分に絶望したよね。


本当に何も考えないでも、人並みに生活が出来るような世界線があるなら毎週欠かさずプリキュアを見てたい。

でも、もしも子供が出来て
「お父さんがプリキュア見終わるまではいつも出かける事ができません、どうしたらいいですか?」
とかYahoo!知恵袋に書かれるのは嫌だな。

 


昨日? 一昨日? も、本郷奏多YouTubeの話したけど、ちゃんと見てなかったから
仕事帰りの電車の中で
「ブログに書いたしちゃんと見よう」
と律儀にポケモンルカリオのプラモを作ってる動画をみた。
最初は「やっぱすごい知識あるやん!」とか思いながら見てたけど、仕事で疲れてたのかな。
段々、話が入ってこなくなって、最終的に脳で浮かんだ言葉は「うるせぇ、ルカリオだってう○こするんだぞ」だった。
パイプカットからなんも変わってないでしょう?

 

人間ていうのはそう簡単に変われないのだ。
そんな人間だから酔っ払って帰り道に一人で「ウィーディーシードラゴン!」とかタツノオトシゴの一種の名前叫びながらポーズ取っているタイミングで、Facebookの通知から「○○さんが結婚しました」と元カノが結婚した事を知るのだ。

 

“人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である”
うるせぇ、ぼくの思考に比べたら考えない葦の方がよっぽど社会の為になってるぞ!


毎年定期的に益若つばさになりたいと思い続けて気付けば自分も四捨五入したらアラサーだし、眠たいのにこんなアホみたいな文書いてるし、チャリは盗まれるし、これはもうぼく個人の問題じゃ収まらないと思うぞ。

 

 


素面なのに勢いだけで、こんな文書いてるのが流石に恥ずかしいからぼくを国家機密にしてくれ。

メンタルコントロールの為の身代わり術

 

考えがまとまらない。
イライラする。
悲しくなる。

 

なんて事はめちゃくちゃあると思う。
自分に対して、他人に対して問わずね。

 

「こんな事は考えるだけ無駄なんだ」
と分かっていても考え出したら止まらない。
寝れない夜も続く。
その感情、思考に苛まれて

「なんでこんなに苦しいのか」と理由すら忘れて、苦しさだけが心に残る。

 

そんな時は自分が別の存在だと思い込もう。
Twitterでも書いたりしたけど

「宇垣アナのマイメロの理論」

である。

 

ぼくがこれを始めたのは19歳の頃。
辛い事があれば自分を“お忍びで人間界に来ている神”だと思い込むことにした。


するとどうだろう、今までの焦燥悲哀も、凄くちっぽけな物に思えるではないか。

「神がこんな事で滅入るわけにはいかないよな」
って思うと、焦燥も悲哀も薄れていくのだ。


「ぼくは神だし君のレベルには降りて行かないよ」
と言う思考があれば、職場の嫌な人に対する、あの感情も回避できる。


「自分はなんで何も出来ないんだ…悔しい」

→神だと気付かれたら面倒な事になるから一般人のレベルで能力を制限しているだけだ。

 

「あの人はなんて酷い事を言うんだ、辛い…」

→神だから、戯言を許そう。

 

「なんでこんなに辛いんだろう…」

→神とて分からない事もある。神的には些細な事だが、人間にはこう言う苦しみがあると言う事を覚えておこう。

 

「お腹が痛い、苦痛で仕方がない」

→腹下しの神とは昔から仲が悪いから仕方がないのだ。

 

ほら、なんか頑張れる!

 

ただ難点があって、このメンタルコントロール方法は凄くイタい。

 

宇垣アナがマイメロだよ〜」
って言うから可愛いのであって

一般人が

「ぼくは神だ」

なんて言ってしまったらLに追い詰められる。
監視される。
ポテチのコンソメ味の袋の中に小型TVを入れなきゃいけなくなる。
と゛お゛し゛て゛た゛よ゛お゛お゛お゛!
ってなる。

 

そんなのは絶対に避けたいので、あくまで忍びで人間界に降りて来ている神」なのだ。


慎ましく生活を送る必要がある。
大きな欲を持てば、神とて身を滅ぼす可能性がある。
自分が神である事は絶対に人に悟られてはいけない。

 

 

 

ここまで読めば、もう君も神になる準備はできた。
これで少しは気持ちが楽になるはずだ。

 


結果、長々と何を恥ずかしい文書いてるんだって話だけど
「殆どの人は少なからず厨二病の時間があったはず。厨二病のメンタルの強さは異常なんだから、辛い時は厨二病メンタルを思い出して乗り越えよう」
って事。